> > マンションの火災保険 1/2

マンションの火災保険

分譲マンションを購入する際に知っておきたい火災保険の選び方を解説

マンションの火災保険で必要な補償は?相場は?

マンションを購入する際は、銀行や不動産会社から火災保険への加入を勧められることがほとんどです。住宅ローンと同年数(10~35年など)で組まれることが多い火災保険は、一括払いの保険料が数十万円単位になることもめずらしくなく、住宅購入時の大きな出費の一つです。

ただし火災保険は必ずしも銀行や不動産会社の提案通りに加入しなければならないわけではありません。生命保険や自動車保険と同じように、保険料と補償内容を比較して、もっとも有利な火災保険を選ぶことが可能です。また、不要な補償をはずして必要な補償のみをかけるようにすれば、保険料を大幅に節約することもできます。

火災保険の内容と補償の選び方、一戸建てとは異なるマンションならではの火災保険のポイントをチェックしましょう。

Pick up!

 セゾン自動車火災保険 じぶんでえらべる火災保険

セゾン自動車火災保険 じぶんでえらべる火災保険・画像

基本補償(火災、落雷、破裂・爆発)以外のすべての補償を自由に付け外しできるカスタマイズ型の火災保険。「建物」と「家財」の両方で補償をカスタマイズできるため、不要な補償をはずすことで火災保険料を抑えることができる。ホームページ上で保険料の見積もりが可能。

 マンションの火災保険は
「専有部分」と「共有部分」に分けて考えよう

マンションには、自分の居住エリアである「専有部分」と、階段や通路・玄関ホールなど居住者全体で使用する「共用部分」があります。 専有部分と共用部分では、それぞれの補償範囲はもちろん契約者も異なります。

専有部分の火災保険 共用部分の火災保険
専有部分の火災保険・画像 共用部分の火災保険・画像
個人が契約するマンションの火災保険はこちら。建物の専有部分と家財に対して保険をかける。火災の補償以外に、上階からの漏水や、盗難等による損害への補償、また自分が漏水事故等を起こしてしまった場合の個人賠償責任保険なども付帯しておくと良い 共用部分の火災保険の契約はマンション管理組合が行う。火災保険の種類や補償内容の選択は組合理事会等で決められることが多い。漏水時の補償などに関わるため、加入している火災保険の名称やどのような補償があるのかを必ずチェック

マンションの火災保険で必要な補償とは?

マンションの火災保険は、必要な補償も一戸建てとは異なります。

必要な補償

火災
火災保険の基本補償で外すことはできない。
火災のほか落雷・破裂・爆発による損害も補償される
水濡れ
給排水設備の故障や他人の戸室で生じた水漏れ事故を補償。※お風呂の水の止め忘れ等、過失で生じた水濡れ事故はカバーされない(他人の戸室に被害が及んだ場合は「個人賠償責任保険」がカバーする)
重要!
共用部分が原因で起きた漏水事故は、共用部分の火災保険(あるいは賠償責任保険)が補償するため、共用部分の保険の内容は必ずチェックしておくこと
盗難
建物…盗難に伴う窓や鍵の破損を補償
家財…盗難に遭った際の被害額を補償
※現金・預金等は上限額が設定されていることが多い。宝石などの高額品(30万円以上)は「明記物件」と言い、契約時に申告が必要
個人賠償
責任保険
自分の過失で漏水などが起きた場合の相手への損害賠償をカバー。
マンションによっては管理組合が一括加入しているケースもある

立地等によっては不要となる補償

水災
大雨による床上浸水・洪水・高潮・土砂崩れ等の損害を補償。
マンションの高層階などで水害の心配がなければ不要
風災
台風や暴風雨・竜巻などによる建物・家財への損害を補償。地域により不要。
家財まで損害を受ける心配が少ない場合などは、家財のみ外しても良い
雪災
積雪による損害を補償。
水災・風災と同じく、雪によって建物が被害を受けにくい場合は不要。家財も不要であることが多い

このように、マンションの火災保険は、一戸建てと比較すると外すことのできる補償が多くなります。マンションの立地や、周辺地域の自然環境等を考慮して、契約時にどの補償をつけるか、よく吟味しましょう。
火災保険の中には、マンション向けの補償プランを用意している火災保険や、補償を自由にカスタマイズできる火災保険があるため、これらの火災保険を活用して補償を上手に絞ることができます。

おもな火災保険の補償内容
  セゾン自動車火災保険
じぶんでえらべる火災保険
三井住友海上
GKすまいの保険
東京海上日動
トータルアシスト住まいの保険
特徴 セゾン自動車火災保険のカスタマイズ型の火災保険。基本補償以外の補償を自由に組み合わせることができる 三井住友海上のパッケージ型の火災保険。マンション向けには水災をはずした「4つの補償+破損汚損プラン」を提供 東京海上日動のパッケージ型の火災保険。マンション向けには水災をはずした「マンション向け」プランを提供
プラン名 基本補償+水濡れ
+諸費用+盗難の場合
4つの補償
+破損汚損プラン
マンション向け
プラン
火災、落雷
破裂・爆発
○
(基本補償)
○ ○
風災、雹(ひょう)災、雪災 (オプションで付帯) ○ ○
水災 (オプションで付帯)
水濡れ ○
(オプションで付帯)
○ ○
盗難 ○
(オプションで付帯)
○ ○
破損、汚損等 (オプションで付帯) ○ ○
建物外部からの
物体の衝突
(オプションで付帯)
騒擾(そうじょう) (オプションで付帯) ○
諸費用
臨時費用、失火見舞費用、地震火災費用
○
(オプションで付帯)
○ ○
火災保険料* 47,980円
〔10年間一括払〕
72,900円
〔10年間一括払〕
51,210円
〔5年間一括払〕
*保険料の試算条件
マンション所在地 東京都品川区 特約・
オプション
原則なし
※自動付帯の補償は表内に記載
マンション築年数 5年
専有面積 90平方メートル 保険期間 10年間(建物・家財とも)
家族構成 夫婦(30歳)+子供1人 保険料払込方法 一括払い
免責金額(自己負担額) 3万円(建物・家財とも) 建物評価額 上記条件での各保険会社基準に準じる
地震保険 なし 家財評価額

オススメ特集記事

住宅購入にかかる費用・画像

住宅購入にかかる費用

…住宅購入にかかる費用を解説。税金や登記費用など、購入時や入居後にかかる諸費用の種類と相場は?

家づくりのルールマンション購入のポイントマンションの火災保険 1/2

ページトップへ