住宅購入の基礎知識

Pick up Contents!

住宅ローン金利比較
住宅ローン金利比較・画像 住宅ローン金利を一覧表で比較。銀行やフラット35など各金融機関の住宅ローン金利と手数料・諸費用をまとめてチェックしよう
住信SBIネット銀行
保証料・繰り上げ返済・団信・8疾病保障が無料。固定金利変動型の金利の低さは圧倒的...もっと詳しく
新生銀行
金利プランと返済プランの選択肢が豊富で、長期固定金利も低め。団信介護保険が無料付帯...もっと詳しく
ソニー銀行
全期間固定金利と事務手数料の低さが特徴。借り換えで人気の高い住宅ローン...もっと詳しく

Pick up Contents!

住宅購入にかかる費用

住宅購入にかかる費用 …住宅購入にかかる費用を解説。税金や登記費用など、購入時にかかる諸費用の種類と相場は?

Pick up!
家づくりお役立ち情報

住宅金融支援機構

住宅金融支援機構・画像
…国土交通省・財務省所管の独立行政法人。民間金融機関と提携し、フラット35を提供。
Webサイト上で提供している「住宅ローンシミュレーション」は、簡易版から詳細版まで幅広く、利用価値が高い

家づくりのルール > 住宅購入の基礎知識 > 住宅ローンの選び方> 住宅ローン比較のポイント

住宅ローンの選び方 第2回

住宅ローン比較のポイント

住宅ローンの選び方 INDEX

住宅を購入する際、ほとんどの人は住宅ローンを利用します。
銀行ローン、フラット35など、さまざまな種類がある住宅ローンですが、金利が金融機関ごとに異なっていたり、「変動金利」「固定金利」「○年固定」などの違いがわかりづらかったりと、難しく感じている方も多いでしょう。
ここでは全4回に分けて「住宅ローンの選び方」を解説していきます。金利タイプの違いや、住宅ローン商品の比較方法など、賢い住宅ローン選びのポイントを押さえておきましょう。

金融機関の住宅ローンを比較するポイント

住宅ローンの内容は、銀行をはじめとする金融機関によって大きく異なります。
金利はもちろん、手数料や住宅ローン保証料なども銀行による差が大きいため、それぞれの住宅ローンを比較し、トータルでかかるコストやサービス内容をチェックすることが欠かせません

銀行の住宅ローンを比較するポイントは、おもに以下の4つです。

1. 金利

 利用したい金利タイプの金利
変動金利型固定金利選択型全期間固定型など。優遇金利やキャンペーン金利は、期間が決まっている場合もあるので注意
Check! 住宅ローンの選び方第1回:chapter2 住宅ローンの金利タイプ
 金利タイプ変更後の金利
銀行の基準金利からの割引率を比較。変動金利型・固定金利選択型を選ぶ際にチェックしたい
 金利タイプ変更にかかる手数料
変更パターンにより手数料が変わることが多い(変動金利型→全期間固定型、固定金利選択型→全期間固定型など)。インターネットによる手続きが無料の銀行もある
 ミックス金利の取扱の有無
固定金利と変動金利のミックス型を検討している場合はチェックしたい。それぞれの金利プランの割合などを詳しくシミュレーションできる銀行がおすすめ
 金利優遇の条件
銀行によっては優遇金利を適用するための条件がある(給与振込口座指定、定期預金の作成など)

住宅ローンを比較する際にもっとも重要なポイントとなるのが金利です。変動金利型や全期間固定型など、自分が検討している金利タイプの金利を調べてみましょう。ホームページに掲載されている優遇金利・キャンペーン金利は、適用期間が決まっている場合もあるため、期間終了後の金利がどれくらいになるかも要チェック。
また、金利タイプの変更にかかる手数料、優遇金利を受ける場合の条件などがあればそれも確認しておきましょう

2. 初期費用

 事務手数料(取扱手数料)
3万円・10万円など金額が決まっている定額型と、借入額に一定割合をかける場合(定率型)に分かれる。定率型を選ぶと定額型よりも金利の優遇幅が大きくなるケースが多いが、そのぶん初期費用がかかる。借入額と借入期間によって総額を比較
 住宅ローン保証料
借入時に一括で支払う場合と、住宅ローン金利に含める場合がある。実質の負担額はいくらになるか。保証会社を介さないことで保証料を無料にしている銀行もあり(手数料や団信保険料とトータルで比較)
 団体信用生命保険料(団信保険)
保証料と同様、一括払い方式と金利上乗せ方式がある。フラット35は任意加入。団信保険が無料付帯の銀行もあり(手数料や保証料とトータルで比較)
※上記費用以外にも、収入印紙代、登録免許税、不動産取得税、司法書士報酬などの費用がかかる
(借入額、土地・建物条件等により金額が異なる)

住宅ローンを組む際は、頭金のほかにも初期費用として事務手数料や保証料等かかります
 事務手数料  は、定額型を採用している銀行、定率型を採用している銀行、定率型と定額型の両方を選べる銀行など様々。事務手数料が定率型の場合、住宅ローン金利の優遇幅が定額型よりも大きい場合が多く、長期的に見て住宅ローンの総支払額を抑えることができますが、そのぶん初期費用が大きくなる傾向があります。

 住宅ローン保証料  は、一括で支払う場合と住宅ローン金利に含まれる場合の2パターンがあり、一括払いの場合は、繰り上げ返済によって保証料が還付されます(ただし、繰り上げ返済手数料と相殺される場合もあり)。また、最近は保証会社を通さないことでローン保証料を無料にしている銀行もあります。

 団信保険料  は、住宅ローン契約者が加入する生命保険のことで、死亡や高度障害など契約者に万一のことがあった場合、以降の住宅ローン支払いが免除されます。団信への加入は、ほとんどの住宅ローンで必須となりますが、その際、契約者が保険料を負担する場合と、金融機関が負担する場合に分かれるため、よく確認しましょう。銀行の住宅ローンは、団信保険が無料付帯していることが多く、団信加入が任意となるフラット35の場合は保険料を支払う必要があります

3. 繰り上げ返済

 繰り上げ返済の額
1円から、1万円からなど、繰り上げ返済をする際の最低額をチェック。何円単位で可能かも調べておく
 インターネットでの繰り上げ返済
対応の有無、受付時間、返済できる曜日や時間帯、返済が実行されるタイミングなど。繰り上げ返済をこまめに行いたい場合は要チェック
 繰り上げ返済手数料
一部繰り上げ返済と全額繰り上げ返済の手数料はいくらか。こまめに繰り上げ返済をしたい場合は、手数料が無料の銀行を選びたい

繰り上げ返済は、毎月の住宅ローン返済とは別に、余裕資金を返済に充てていく方法です。融資実行から間を空けず、こまめに行えば行うほど、元金(借入額)はもちろん、元金にかかる利息も減らすことができます。
住宅ローンの総支払額を減らすためにも、積極的に実行したい繰り上げ返済ですが、銀行によっては返済の単位が決まっている場合(100万円以上1万円単位など)や、手数料がかかる場合もあるため要注意。積極的に繰り上げ返済をしたい場合は、返済の最低額と単位が小さく、手数料がかからない銀行がおすすめです。
また、インターネットでの繰り上げ返済に対応している銀行であれば、自宅で簡単に返済手続きが行えるため、なにかと便利でしょう。

4. 特約・付帯サービス

 特定疾病保障
3大疾病保障や8疾病保障など、特定の病気で就業不能状態になった場合の住宅ローン支払いを免除する特約。付帯する場合は、金利の上乗せが必要になることが多いが、追加負担なしで提供している銀行もある
 返済の一時休憩
住宅ローンの返済を一時的に休憩するサービス。繰り上げ返済でできた猶予期間中の返済が対象となることが多い。無料で利用できる銀行と、有料のパッケージプランとして提供している銀行がある
 契約者特典
住宅ローン契約者向けに提供されるサービス。ATMの利用手数料が無料、定期預金の金利優遇、提携スーパー等でのショッピング割引などが有名

Pick up!

 住信SBIネット銀行 住宅ローン

住信SBIネット銀行・画像

住信SBIネット銀行の住宅ローン。
住宅ローン保証料が無料、団体信用生命保険料や8大疾病保障も金利上乗せなしで提供している。繰り上げ返済も手数料無料、インターネットで1円から対応するなど利便性が高い。金利・サービスともトップクラスの住宅ローンの一つ。

住宅ローンの金利&詳細

銀行の住宅ローンには、独自の特約や付帯サービスがあります。代表的なものは、がんや脳梗塞など、特定の疾病により働くことができなくなった場合に、住宅ローンの支払いが免除される特定疾病保障。死亡・高度障害以外の万一に備えることができるため、住宅ローン契約者に人気の高い特約です。
また、返済の一時休憩も便利な付帯サービス。繰り上げ返済によって短縮した期間分の元本返済を休憩できるタイプが多く、子供の教育費等で出費が増える時期などに役立ちます。

住宅ローンの選び方・コラム 住宅ローン比較の落とし穴 ~必要書類と審査時間~

住宅ローンでは、手続きの際に複数の必要書類を求められます。審査時間も銀行によって異なるため、余裕を持って手続きできるようにしましょう。
また、仮審査の段階でOKが出た場合でも、本審査で断られる(あるいは借入額が減額される)といった可能性もあります。本審査に通るまでは安心せず、万一、審査に通らなかった場合の次善策も考えておきましょう。

住宅ローン比較で心がけておきたいこと

 必要書類の確認
印鑑登録など自治体への手続きが必要なものも多い。用意にかかる時間を見積もっておく
 審査にかかる時間
融資が必要な時期までに間に合うか。※ネット銀行は時間がかかる傾向あり

有利な住宅ローンを見つけることがてきても、上記の部分で条件が会わない銀行もあります。最初から一つの住宅ローンに決めてしまわず、まずは候補をいくつか絞り込み、それぞれの銀行で住宅ローンのシミュレーションやサービス比較をしてみましょう

おすすめの住宅ローン

金利・サービスが充実した住宅ローン
住信SBIネット銀行
住宅ローン
新生銀行
住宅ローン
ソニー銀行
住宅ローン
住信SBIネット銀行・画像 新生銀行・画像 ソニー銀行・画像
住信SBIネット銀行の住宅ローン。住宅ローン保証料が無料、団体信用生命保険料や8大疾病保障も金利上乗せなしで提供している。繰り上げ返済も手数料無料、インターネットで1円から対応するなど利便性が高い。金利・サービスともトップクラスの住宅ローンの一つ。 新生銀行の住宅ローン。店舗型銀行ながらネット銀行と同レベルの住宅ローン金利を提供している。特定疾病を定めず「要介護3」以上から適用される介護保障付団信保険や、無料で利用できるコントロール返済などサービスが充実。住宅ローン保証料・付帯保険・繰上げ返済手数料は無料。 ソニー銀行の住宅ローン。インターネットと郵送で申込手続きが完了し、繰上げ返済や金利変更の手続きも手軽に行える。保証料・団信保険料・繰上げ返済手数料は無料。返済期間中の各種証明書等の発行手数料もかからない。借り換えで人気が高い住宅ローンの一つ
住宅ローンの詳細&口コミ 住宅ローンの詳細&口コミ 住宅ローンの詳細&口コミ

住宅ローンの選び方 INDEX

関連特集記事

住宅ローン金利比較・画像

住宅ローン金利比較

…銀行が提供する住宅ローンを金利や手数料・諸費用などのサービス内容で比較!

家づくりのルール > 住宅購入の基礎知識 > 住宅ローンの選び方 > 比較のポイント

ページトップへ