リフォームのポイント

Pick up!

タウンライフ リフォーム
タウンライフ リフォーム・画像
リフォーム会社の比較&一括提案サイト。全国300社以上のリフォーム会社から無料でリフォーム計画書と費用の見積もりを取れる

Pick up Contents!

リフォームの時期

リフォームの時期 …住宅リフォームの時期とは?家のメンテナンスや生活の質を上げるリフォームのベストタイミングを解説

リフォーム会社の選び方

リフォーム会社の選び方 …リフォーム会社の選び方を解説。契約までの流れやポイント、リフォーム会社の評判がチェックできる住宅情報サイトは?

Pick up!
家づくりお役立ち情報

リフォーム推進協議会

リフォーム推進協議会・画像
…リフォーム情報を提供する一般社団法人。全国の地方公共団体のリフォーム支援制度を検索可能。消費者・事業者向けセミナーやリフォーム刊行物の配布、リフォーム実態調査等を手がける

家づくりのルール > リフォーム> 部位別 リフォームの相場とポイント> 外壁リフォーム

部位別 リフォームの相場とポイント

外壁リフォームの
費用とポイント

外壁リフォームのポイント

外壁は、屋根や玄関、庭などとともに住宅の第一印象を決める「家の顔」です。外部の熱や冷気、湿気等を遮断し、快適に住むために欠かせない役割を果たしている外壁ですが、つねに太陽光や風雨にさらされるため、年月とともに劣化が進みやすい部分でもあります。
ひび割れや外壁材のはがれを放置しておくと、隙間から雨水が侵入し、ひどい場合には下地や柱の腐食にまで発展する場合もあります
外壁は、家の築年数やメンテナンス状況も一目でわかってしまうため、汚れや色あせ等が気になってきたら、リフォームを検討しましょう。外壁リフォームのサインを見逃さず、適切な時期に適切なリフォームをすることが大切です

おもな外壁リフォームのサイン
外壁リフォームのサイン 起こりやすい
外壁の種類
どうリフォームする?
ヘアクラック 外壁表面の塗膜にごく細いひびが入っている状態 モルタル全般
サイディング全般
外壁塗装(塗り替え)
[点検の目安] 5~8年
クラック 下地そのものにひびが入っている状態 モルタル全般
塗り壁
大きなひび割れは充填剤や塗料を塗りこんで補修し、全体を塗り替える
[点検の目安] 5~8年
チョーキング 外壁全体にチョークのような細かい粉がふいている状態 モルタル全般
サイディング(窯業系)
外壁塗装(塗り替え)
[点検の目安] 5~8年
色あせ・汚れ 外壁材が色あせたり、雨水による汚れ、コケなどが目立っている状態 モルタル全般
サイディング全般
外壁塗装(塗り替え)
[点検の目安] 5~8年
シーリング
(コーキング)
の劣化
外壁材の接合部や目地がひび割れている状態 サイディング全般
タイル
シーリング(コーキング)材の補充。
[点検の目安] 3~5年
白さび 金属製の壁に白い細かな粒が現れている状態 サイディング(金属系) 外壁塗装(塗り替え)
外壁材の張り替え
[点検の目安] 3~5年
赤さび 金属部分の腐食が進み、赤色のさびが浮いている状態 サイディング(金属系) 外壁材の張り替え
[点検の目安] 3~5年
塗装のはがれ 塗装部分が剥がれ、下地が見えている状態 モルタル全般
サイディング(木質系)
外壁塗装(塗り替え)
[点検の目安] 5~8年
外壁材の割れ・はがれ レンガやタイルなどの外壁材が剥がれ、接着時に使用したモルタル等が露出している状態 サイディング(木質系)
塗り壁  レンガ
タイル  石材
外壁材の補充
外壁材の張り替え
吹付壁やサイディングへの変更など
[点検の目安] 2~3年

Pick up!

 外壁塗装の窓口

外壁塗装の窓口・画像

外壁塗装費用を複数の業者に見積もり依頼できる一括見積もりサービス。匿名での見積もりが可能なため、業者のしつこい営業にあう心配がない。
参加する外壁塗装業者は、独自基準をクリアした優良業者に限定。見積もり額の適性診断や、断りたい業者への連絡代行、クーリングオフ相談などのサポートも実施している。

このサイトに行く

外壁リフォームの種類と特徴

外壁リフォームの種類

外壁のリフォームには、「外壁塗装(塗り替え)」 「重ね張り」 「張り替え」 という3つの方法があります。

1.外壁塗装

外壁塗装(塗り替え)・イメージ

もっとも費用が安く、手軽にできる外壁リフォーム。塗る前に外壁の点検と補修を行い、高圧洗浄で汚れを落としてから下地塗りと2回の上塗りを行う(「下塗り」「中塗り」「上塗り」ともいう)。外壁の劣化が、汚れや色あせ、細かなクラック、チョーキングなどの場合は外壁塗装で済むことが多い。
使用する塗料には「フッソ樹脂塗料」「シリコン樹脂塗料」「ウレタン樹脂塗料」「アクリル樹脂塗料」がある。また、ひび割れの補修材として「弾性アクリル塗料」が使われることも。

  • フッソ樹脂塗料 …耐用年数:12~20年。ビルなど耐久性を確保したい建物に使われる。価格は高め。商品ごとの特徴差が大きい
  • シリコン樹脂塗料…耐用年数:8~15年。紫外線に強く、親水性・防汚性が高い。リフォームで使われることが多い
  • ウレタン樹脂塗料…耐用年数:6~10年。紫外線に強く、ツヤが長持ちする。防汚性はやや低め。リフォームで使われることが多い
  • アクリル樹脂塗料…耐用年数:5~8年。紫外線に弱く、耐久性は低め。もっとも価格が安い
  • 弾性アクリル塗料…細かなひび割れが多数ある場合に使われる。ゴムのように弾力性があり、外壁自体の伸び縮みに追随して表面を保護する

2.重ね張り

重ね張り・イメージ

モルタルや既存サイディングの上から、サイディングやタイルなどを張る外壁リフォームの方法。もとの外壁に外壁材が加わるため、既存の壁の強度や、下地の腐食の有無をチェックする必要がある。軽量の金属系サイディングなどが用いられることが多い。張り替えと比較すると廃材も少なく、作業は比較的スムーズだが、外壁塗装よりも費用がかかる

3.張り替え

張り替え・イメージ

既存の外壁と下地を取り払い、構造体(骨組み)だけの状態にして、新たにサイディングやモルタルなどを施工する外壁リフォームの方法。外壁塗装や重ね張りよりも費用がかかる。下地から新しく作りなおすことができるため、老朽化した家のリフォームにも対応可能。構造体(骨組み)の劣化具合も同時にチェックし、必要があれば補強する。

おもな外壁の種類と特徴

外壁に使われる素材には大きく分けてサイディングとモルタルがあります。地域差はあるものの、現在の主流はサイディング。また、両者と比較して割合は少ないものの、漆喰やレンガ、石材なども外壁材としてよく知られています。

サイディング

工場生産されるボード状の外壁材。素材によって窯業系、金属系、木質系、樹脂系などに分かれる。断熱性と遮音性が高い。タイル風・レンガ風・板張り風など様々なデザイン・カラーがそろう。

サイディング・イメージ

外壁リフォーム(サイディング)のポイント

サイディングは、ボードとボードのつなぎ目のシーリングが劣化しやすい。3~5年ごとにシーリングの点検が必要。
モルタルに比べて劣化が少ないと思われがちだが、表面に使われている塗料は同じように劣化し、クラックやチョーキングが表われるため、外壁塗装も必要になる。ボード自体の劣化が進んだ場合は全面補修。

モルタル

砂とセメントと水を混ぜて作る外壁下地。樹脂塗料などで塗装する。塗り方は機械による吹き付けや、コテ・ローラー等で模様を施す方法が一般的。塗りの厚みによって「薄付仕上塗材」「厚付仕上塗材」「複層仕上塗材」などに分かれる。

モルタル・イメージ

外壁リフォーム(モルタル)のポイント

モルタルはクラックが起きやすい。塗料の種類にもよるが、5年~8年で外壁塗装、15~20年で全面補修が必要。
大きなひび割れは雨水侵入の原因となるため、塗装前に補修が必要となる。

Check! おもな外壁の種類と特徴

外壁リフォーム費用 ケースその1一戸建ての外壁をすべて塗り替えたい

一戸建ての外壁をすべて塗り替えたい・イメージ

試算条件
二階建
延床面積:120m²(約36坪)←1F床面積(建坪)で算出する業者もいる。※m²(坪)あたりの単価が延床面積よりも高く見えるため比較の際は注意
工事費の内訳
塗料(シリコン樹脂塗料の場合)POINT1
外壁洗浄
塗装工事費(下地塗り含む)POINT2
足場工事費
※外壁塗装の工事費は、材料費と工事費用を一式で計上するのが一般的

費用の相場:85~100万円

POINT1

塗り替え・イメージ

外壁塗装は、選ぶ塗料の種類によって費用が大きく変わります。もっとも安いアクリル塗料は上記の相場よりも10~20万円ほど安く、もっとも高いフッ素塗料であれば反対に60~90万円ほど高くなります。
一般的には、耐用年数の長い塗料の方が再塗装の回数が少なくすむため、結果的にお得。ただし、塗装がもったとしても、下地のひび割れやシーリングの劣化等で補修が必要になるケースもあるため、定期的な点検は欠かさずに行いましょう。

なお、同じ系統の塗料でも個々の商品によって特徴は異なります。リフォーム会社に見積もりを依頼する際は、使用する塗料のカタログや商品説明書も一緒にもらい、使用量・耐久性などをチェックしましょう

POINT2

外壁塗装では通常、塗る前に外壁の劣化具合を点検し補修を行ったうえで、下地塗りと2回の上塗りを行います。悪質な業者になると、塗装前の点検・補修が不充分であったり、下地塗りのあとの上塗りを1回しかしないといった、ずさん工事を行う恐れがあります。外壁塗装で被害に合わないためにも、契約する際は見積もりの妥当性や工事手順などをしっかり確認しましょう。
最近では、塗装業者を紹介してくれる「外壁塗装専門サイト」もあります。登録する塗装業者に独自の審査基準を設ける等、悪質な業者が関与できないようになっているため、このようなサービスを活用するのもおすすめです。

Pick up!

 外壁塗装の窓口

外壁塗装の窓口・画像

利用者1万人以上の外壁塗装専門サイト。ホームページから相談を依頼すると、複数の塗装業者から外壁塗装の提案・見積もりを受けられる。全国に対応しており、登録塗装業者は大手から中小・個人までと幅広い。「外壁塗装の窓口」経由で成約し、施工が完了した場合はもれなく1万円がもらえるキャンペーンも実施中。

このサイトに行く

外壁リフォーム費用 ケースその2モルタルの外壁の上からサイディングを張りたい

モルタルの外壁の上からサイディングを張りたい・イメージ

試算条件
二階建
延床面積:120m²(約36坪)←1F床面積(建坪)で算出する業者もいる。※m²(坪)あたりの単価が延床面積よりも高く見えるため比較の際は注意
工事費の内訳
外壁材(アルミサイディングの場合)POINT
下地用材料
取り付け工事費
足場工事費
※外壁塗装の工事費は、材料費と工事費用を一式で計上するのが一般的

費用の相場:130~220万円

POINT

重ね張り・イメージ

サイディングの重ね張りは、材質によって施工費用が変わります。既存の外壁に新しいサイディングを取り付けるため、軽量の金属系サイディングや窯業系サイディングが使われるのが一般的。ただし、下地の腐食・劣化がひどい場合は、一旦すべての外壁を取り除いてから外壁材を取り付ける「張り替え」が必要になる場合もあります。費用・規模とも「重ね張り」よりも大きくアップするため、工事の方法やリフォーム予算を決める前に、まずは下地の状況をよくチェックしてもらいましょう。

Pick up!

リショップナビ・画像

リショップナビ

リフォーム会社をプラン・料金・リフォーム部位などから検索できるリフォーム会社比較サイト。部位別のリフォーム相場もチェックできる。WEB上からの見積もり&契約で最大36,000円キャッシュバック。

タウンライフリフォーム・画像

タウンライフリフォーム

リフォームプランの提案と見積もりが受けられるリフォーム会社比較サイト。登録会社は300社以上で、建築業許可など国家資格取得済みのリフォーム会社に限定されている。対応エリアは全国。

外壁リフォームは屋根リフォームと一緒に行うのが効率的

屋根リフォーム・イメージ画像

外壁リフォームでは、塗料や外装材などの材料費のほか、足場工事や取り付け工事の費用がかかります。
外壁の塗装や補修を行う場合は、外壁部分だけでなく、屋根や雨どいなど、その他の外周部分についても同時に点検してもらうと良いでしょう。特に劣化のタイミングが似ている屋根と外壁は、同時に塗装・修繕を行うことで、別々にリフォームする場合よりも足場工事費や取り付け工事費用を削減することができます。

こちらもチェック! 屋根リフォームの費用とポイント

関連特集記事

住宅ローン金利比較・画像

リフォームの時期

…住宅リフォームの時期とは?家のメンテナンスや生活の質を上げるリフォームのベストタイミングを解説

リフォーム会社の選び方

…リフォーム会社の選び方を解説。契約までの流れやポイント、リフォーム会社の評判がチェックできる住宅情報サイトは?

家づくりのルール > リフォーム> 部位別 リフォームの相場とポイント> 外壁リフォーム

ページトップへ