> > >

新生銀行の評判・口コミ

住宅ローン金利比較

新生銀行の住宅ローンは、おすすめ?いまいち? 新生銀行(住宅ローン)の口コミ募集中!

新生銀行 パワースマート住宅ローン(安心パック)

このサイトに行く

東京都に本店を持つ普通銀行・新生銀行の住宅ローン。実店舗型の銀行ながら利便性の高いサービスを数多く打ち出しており、住宅ローンでもネット銀行に並ぶ低金利を実現している。
借入時の住宅ローン保証料と団体信用生命保険料は無料。また、返済期間中に所定の要介護状態となった場合、ローン残高が0円になる団体信用介護保障保険も無料で付帯している
繰上げ返済手数料も一部・全額ともに無料。また、普通預金の余剰金額を自動的に繰上げ返済に回す「スマート返済(自動繰上返済)」や、一部繰上返済で短縮した期間の元本返済を休憩できる「コントロール返済」など、返済方法も豊富なバリエーションが用意されている。
金利タイプは全部で四種類。毎年5月と11月に金利が見直される「変動金利(半年型)タイプ」と、2年から15年の間で固定金利期間を選べる「当初固定金利タイプ」、10年間の固定金利期間後毎日変動型の変動金利となる「10年間特約つき変動金利」、20~35年間の借入期間中金利が固定される「長期固定金利タイプ」で、複数の金利タイプを組み合わせるミックスローンや、夫婦で借り入れるペアローンも取り扱う。
事務手数料は一律10万円のため、借入額に所定の割合をかけて算出する銀行と比較すると、借入額が大きいほど有利。住信SBIネット銀行と同様、本審査にやや時間のかかる点と、金利タイプの変更で手数料が発生する点はネックだが、長期固定金利の低さは特筆すべきものがある。住宅ローンを検討する際は比較の候補に加えたい住宅ローン。

【地域限定】パワースマート住宅ローン安心パックW(ダブル)スタート
安心パックの内容に加えて、病気の子供を預かってくれる「病児保育サービス」(最大25日分)もしくは掃除・料理・選択などの「家事代行サービス」(最大50回分)を利用できる地域限定のプランが登場。小さい子供のいる共働き世帯は、特に利便性が高い。

住宅ローン金利 比較

金利タイプ
  • 変動金利(半年型)タイプ
  • 当初固定金利
  • 10年間特約つき変動金利(毎日変動型)
  • 長期固定金利タイプ
その他の金利種類
  • ミックスローン
  • ペアローン
新生銀行 住宅ローン金利現在)
変動金利 10年固定金利 20年固定金利 35年固定金利
0.600% 1.100%
*当初固定金利タイプ
1.650%
*当初固定金利タイプ
2.050%
*長期固定金利タイプ

住宅ローン サービス比較

借入期間 5年以上35年以内(1年単位)※長期固定金利タイプは20年以上35年以内(1年単位)
借入可能額 500万円以上1億円以下(10万円単位)
他の住宅ローン
からの借り換え
可能
借入時の
手数料・諸費用
  • 住宅ローン保証料:無料
  • 団体信用保険料:無料
  • 返済予定表再発行:1,080円/1通
  • 利息支払証明書:2,160円/1通
  • 元金利息支払証明書:2,160/1通
  • 事務取扱手数料 :108,000円※安心パックを申し込まない場合は54,000円
  • 抵当権設定登録免許税:借入額×0.4%
  • 印紙税:2万円
  • 司法書士報酬:約8万円
返済期間中の
手数料・諸費用
  • 繰上げ返済手数料:無料
  • 残高証明書:無料~1,080円/1通
  • 保証残高証明書:1,080円/1通
  • 金利タイプの変更:5,400円
その他サービス
  • 団体信用介護保障保険が無料付帯
    (所定の要介護状態となった場合に住宅ローン残高0円)
  • コントロール返済(一部繰上げ返済後の短縮期間中に元本返済を休憩可能)

住宅ローン金利比較をチェック

総合評価
住宅ローン金利評価
手数料・
諸費用
評価
借りやすさ評価
返しやすさ評価
サービス評価

新生銀行のパワースマート住宅ローン(安心パック)・画像

ユーザーの口コミ(8件)

まるコミ
金利の比較ではもっと安い銀行(住信SBIなど)もありますが、総返済額でならすと新生銀行が安くなる場合もあります。事務手数料などはこちらが有利だと思いました。安心パックは返済をコントロールすることもできるので他の住宅ローンより支払いの自由度が上がります。(39才・男・会社員)
繰上げ返済がネットから1円単位でできて手数料もかからない。ネットの銀行ではよくあるサービスなのだと後から知ったが、それでも最初に繰上げしてみたときは感動が大きかった。それから、新生銀行で住宅ローンを組むと、他行への振込み手数料が10回まで無料になるうえ、ネットから手続きできる。このサービスも便利に使わせてもらっている。(39才・女・主婦)
金利の低さ、初期手数料の安さ、繰上げ返済手数料無料など優れた点は色々ありますが、一番良かったのは、新生銀行では店舗で相談ができることでした。夫婦とも金融にはうといので、電話やネットだけのやり取りは不安でした。借り換えることでどれくらいメリットがあるのかを、担当の方から直接、書面も提示していただきつつ伺うことができ、安心できました。住宅ローンの借り換えは2回目ですが、諸費用も繰上げ返済のしやすさも、昔とは比べ物になりませんね。(50才・女・主婦)
住信SBIネット銀行とどちらにしようか迷い、色々比較してみました。新生銀行のほうが有利だと感じたのは、事務手数料の安さと返済方法のフレキシブルさ。(安心パックを利用すればですが。)元本返済を休憩できるというのは、これから子供の学費がかかってくるであろう我が家にとっては心強いです。団信だけでなく介護保障保険が無料で付帯するのも良いですね。就業不能保険に加入しなくて済みました。反対に住信SBIのほうが優れていると思ったのは、住宅ローン金利の低さと銀行口座の使い勝手でしょうか。どちらの銀行も返済用に口座を開設する必要がありますが、振込手数料の無料回数は住信SBIの方が多め(&預金金利も高め)です。新生銀行の口座は振込をチョコチョコやるような使い方には向いていなくて、「お金を増やす」ことに主眼を置いた商品が多いですね。住信SBIは日常使いに、新生銀行は資産運用に適した銀行なのかなと思いました。(32才・女・会社員兼主婦)
保証料が不要な点はメリット。事務手数料も5万か10万の定額なので、定率より金額を把握しやすい。ただ、仮審査と本審査の額が違うことがあり、減額される場合があります。銀行側の話を聞くと、満額回答のほうが少ない印象です(うちも85%でした)。頭金を多めに見積もっておかないと、思わぬ出費になりそうです。(29才・女・会社員)
中立
他行の審査があまりに遅かったので、審査が早いと聞いていた新生銀行の変動に申込んだ。申込みから融資実行まで15日前後と噂通りの早さに満足。ただし、当初借入金利が終了したあとの金利は他行と比較しても高め(元本が500万円を切っていると基準金利からの割引はなし)。ローン保証料がないとしても、もう少し融通してほしい。(37才・会社員)
住宅ローン候補として新生も検討していましたが、分割実行はできないと言われました。我が家は注文住宅だったので、土地と建物を別々に購入する必要があり、分割実行ができなければハウスメーカーへの費用が支払えません。残念ですが新生銀行はあきらめました。今は違うのかもしれませんが、ご参考までに。(36才・女・主婦)
バツコミ
ローン保証料と繰上げ返済手数料が無料なことに魅力を感じ、申込んだが、2カ月以上待たされ、融資不可の連絡が届いた。融資できる可能性があるならまだしも、融資できないならもっと早目にわかるのでは? 融資不可なら、こちらは次の銀行に当たらなければいけないのに。顧客の身になっていないと感じた。(40才・男・会社員)

住宅ローンの詳細・口コミ情報

住宅ローン金利比較

※住宅ローン金利比較「新生銀行・住宅ローンの解説」は家づくりのルール編集部調べです。
※掲載情報の詳細は新生銀行のホームページにてご確認ください。内容に変更が生じている場合もありますのでご注意ください。
※新生銀行の住宅ローンへの口コミは投稿者の意見です。掲載情報はあくまでも参考とし、個人の判断の上でご活用ください。

住宅ローン金利比較 口コミ投票

「家づくりのルール」では、より役に立つ情報提供のために、住宅ローンに関するユーザーの皆様の口コミを募集しています。 「我が家の住宅ローンはここにした」という住宅ローン体験談や、金利・手数料等、住宅ローンを選ぶ決め手となったポイントなど、これから住宅ローンを検討している方に役立つ情報をご提供いただければ幸いです。
それぞれの住宅ローンについての投稿は、口コミとして関連ページにて紹介させていただきます。

どの住宅ローンに口コミする? 必須
  •  住信SBIネット銀行
  •  ソニー銀行
  •  東京スター銀行
  •  その他 
  •  新生銀行
  •  イオン銀行
  •  三菱東京UFJ銀行
点数 必須
…主にどの項目について評価するかを選択し、点数をつけてください
評価項目
点数(5点満点)
口コミ 必須
メールアドレス 必須
年齢  才
性別  男   女 
ご職業  (例:銀行員、専業主婦など)

【注意事項】
 ・特定の個人・団体等のプライバシーの侵害や誹謗・中傷につながる投稿、虚偽の口コミ、他サイトから流用した口コミ(既に他のサイトに投稿された口コミ)、
  関係者からのサクラ投稿などは掲載することができません。
 ・ご投稿いただいた口コミの著作権は「家づくりのルール」に譲渡されるものとします。※掲載に際して、一部編集をさせていただく場合がございますのでご了承ください。

家づくりのルール家づくり!お役立ち情報住宅ローン金利比較新生銀行 住宅ローン

ページトップへ