> >

リフォームローン比較

UP DATE 

リフォームローンを比較!金利や借入額、担保の有無などでリフォームローンをチェックしよう

リフォームローンは、リフォームのための資金を銀行や信販会社などから借り入れるローンの一種です。住宅ローンと比較すると借入額の上限は全体的に低く(500万円~1,000万円前後)、借入期間も最長15年程度と短め。無担保で借りられるケースが多いため、申込みや契約などの手続きが簡単で、現在利用中の住宅ローンと併用することもできます。また、所定の要件を満たせば住宅ローンと同様「住宅ローン減税」の適用を受けられるのもリフォームローンの見逃せないメリットでしょう。多くの住宅ローンが、中古住宅の購入と同時に行うリフォームでのみ利用可能となるのに対し、リフォームローンは長年住んだ家のリフォームに活用できるのも嬉しいポイントです。
ただし、リフォームローンの金利やサービスは、それぞれの金融機関によって様々。どのリフォームローンを選ぶかによって完済までの総支払額や返済時の利便性が大きく異なる点には要注意です。 リフォームローンを検討している方は、各銀行・信販会社のリフォームローンを比較して、自分に合ったリフォームローンを選びましょう

関連コンテンツ
[リフォーム費用の相場]リフォームはいくらかかる?リフォームの相場とリフォーム費用を抑えるポイントを解説
[リフォーム補助金・リフォーム減税]リフォームでもらえるお金は?国や自治体のリフォーム支援制度を解説

リフォームローン、どこに決めた? 満足・不満足のポイントなど、リフォームローンの口コミ&体験談を募集中!

住信SBIネット銀行 Mr.リフォームローン

このサイトに行く

インターネット専業銀行「住信SBIネット銀行」が取り扱うリフォームローン。実店舗を持たないネット銀行ならではの低コスト運営により、低金利かつ利便性の高いリフォームローンを提供している。
住信SBIネット銀行のリフォームローンの特徴は、すべての手続きがネットと郵送で完結する簡便さと、リフォームローンではめずらしい借り換えなどの独自サービスに対応している点。中でも繰り上げ返済については、ネット上から1円単位で行うことができ、手数料も無料と、早めの完済を目指す人にとってメリットが大きい
借入額も10万円から最高1,000万円までとメガバンク並みの幅広さを誇り、大規模リフォームの資金準備にも利用することができる。
借入額に対して2%の事務手数料がかかる点はネックだが、金利は有店舗型のリフォームローンと比較すると低めに設定されており、優位性がある
また、住信SBIネット銀行は、JCSIの2013年「顧客満足度調査(銀行部門)」*で5年連続1位を獲得し、質の良い顧客サービスに定評がある銀行の一つ。他行への振込が月3回まで無料、セブン銀行・ゆうちょ銀行・ローソンなどのATMを無料で利用でき、定期預金の金利アップキャンペーンも定期的に開催するなど、メインバンクとしても利用可能な高いスペックを誇る
低金利のリフォームローンを探している人はもちろん、申込み手続きや返済時の利便性を重視したい人にも有力な候補となるリフォームローンだろう。 *JCSI(サービス産業生産性協議会)「顧客満足度調査」

リフォームローン サービス比較

リフォームローン金利
(2017年11月1日現在)
  • 基準金利…3.475% ~ 4.475%
  • 優遇金利…2.475% ~ 3.975%
リフォームローンの金利タイプ 変動金利
借入可能額 10万円以上1,000万円以下(1万円単位)
借入期間 1年以上10年以内(1ヵ月単位)
リフォームローン手数料 借入額に対し2%(消費税別)の事務手数料 ※借入金額への上乗せ可能
担保の有無 無担保
他社・他行からの借り換え 可能 オススメ!
審査の回答期間 2日程度
 ここに注目!
  • 繰り上げ返済可能(1円単位・手数料無料) オススメ!
  • 来店不要(インターネットと郵送手続きのみで手続きが完了)
  • 所定の条件を満たすと店頭基準金利より1.0%金利引き下げ

リフォームローン比較:住信SBIネット銀行・画像

ユーザーの口コミ

まるコミ
リフォームを検討しているときに知りました。金利優遇の条件は、住信SBIの住宅ローンを借りていれば(そしてリフォームローン借入時点でまだ残高があれば)-1.0%。SBI証券の証券口座を持っていれば(あるいは住信SBIのカードローン契約があれば)-0.5%だそうです。口座開設くらいならクリアできそうです。(37才・女・会社員)
中立
金利は、優遇が効くか否かが判断の分かれ目になりそう。ただし、リフォームローンで借り換えが可能で、繰上げ返済ができて、しかも手数料無料というのはなかなかない。が、借入時の手数料が有料というのは痛い。。。(51才・男・会社員)

イオン銀行 リフォームローン

このサイトに行く

大手スーパーチェーン・イオンをトップに持つ「イオン銀行」のリフォームローン。ショッピングモール内などに支店を持つ有店舗型の銀行だが、ネット銀行としてのサービスも提供しており、リフォームローンはネットと郵送により来店不要で手続きを完了することができる。
イオン銀行のリフォームローンの特徴は、変動金利が主流のリフォームローンの中で、固定金利(全期間固定型)を採用している点。変動金利と比較すると、将来の返済額が変わる心配がないため、返済計画を立てやすいメリットがある。また、印紙代(印紙税)などの必要経費をのぞいたリフォームローン手数料が無料である点も評価が高い。
借入額が30万円から500万円までと、下限・上限の幅がやや狭い点や、リフォームローンの審査に1週間程度かかる点などは要注意だが、将来の金利変動リスクを避けられる固定金利を、メガバンクよりも大幅に低い金利で提供している点は大きな魅力
また、イオン銀行では太陽光発電工事と一部のリフォームを同時に行う場合に利用できる「ソーラーローン」も取り扱う。金利はリフォームローンと同水準で、同じく固定金利。こちらは繰り上げ返済手数料も無料となるため、太陽光発電の設置を検討している人はチェックしておきたい。

リフォームローン サービス比較

リフォームローン金利
(2017年11月1日現在)
2.500% オススメ!
リフォームローンの金利タイプ 固定金利(全期間固定金利) オススメ!
借入可能額 130万円以上500万円以内(1万円単位)
※ 前年度税込年収の40%以内
借入期間 1年以上10年以内(1年単位)
リフォームローン手数料 不要 ※印紙代は別途
担保の有無 無担保
他社・他行からの借り換え 不可
審査の回答期間 申込みから1週間以内
 ここに注目!
  • 来店不要(インターネットと郵送手続きのみで手続きが完了)
  • 太陽光発電工事とリフォームを同時に行えるソーラーローン(2.70%固定金利)も取り扱う※繰り上げ返済手数料無料

リフォームローン比較:イオン銀行・画像

ユーザーの口コミ

まるコミ
子供の進学費用とリフォーム、どちらをローンにしようか検討中。ここのリフォームローンは金利が魅力なんですが、繰上げ返済はできないとのこと。ただ、半年ごとに上限枠内での増額返済はできるようです。金利が一律でわかりやすいところもいいですね。(47才・男・会社員)
金利の低さと固定金利なところが魅力です。リフォームローンを申込むときはイオン銀行の口座を開設させられます(住宅ローンもそうですけど)。ただ、上限が500万円なので、それくらいなら頑張って貯めるという考え方もアリですね・・・(36才・女・会社員)

三井住友銀行 リフォームローン

このサイトに行く

日本3大メガバンクの一つ「三井住友銀行」が取り扱うリフォームローン。銀行そのものの知名度の高さに加え、メガバンクとしての信頼性・安全性からリフォーム会社の提携リフォームローンとなっていることも多い。
三井住友銀行のリフォームローンの特徴は、最長15年間という長めの借入期間と、無料で加入できる団体信用生命保険。借入期間は1年から1カ月単位で指定できるため、多くのリフォームローンと比較しても長期スパンでの返済が可能となる。団信保険は三井住友銀行指定のものへの加入となるが、保険料は銀行側が負担し、金利の上乗せ等も発生しない。借入額の上限が1,000万円となっているのも、大規模なリフォームを検討している人にとっては利便性が高いだろう。
金利は変動金利で、他のリフォームローンの金利と比較するとやや高め。事務手数料は無料だが、繰り上げ返済では手数料が発生するため、サイト内のシミュレーション等を活用して、他のリフォームローンと月々の返済額や総返済額を比較し、慎重に決めたい。
ちなみに、三井住友銀行の住宅ローンを利用している場合は、リフォームローンよりも、同行のフリーローン(無担保)のほうがメリットが大きい。借入額の上限が300万円まで下がり、住宅ローン減税の適用対象からもはずれる点はネックだが、フリーローンの店頭基準金利から3.0%の金利優遇を受けることができる。
メガバンクの安心感を求める人、大きめの借入額を予定している人は検討の余地があるリフォームローンの一つ。

リフォームローン サービス比較

111
リフォームローン金利
(2017年11月1日現在)
4.975%
リフォームローンの金利タイプ 変動金利
借入可能額 10万円以上1,000万円以内(1万円単位)
※ 前年度税込年収の50%以内
借入期間 1年以上15年以内(1ヵ月単位)
リフォームローン手数料 不要 ※繰上返済は別途所定の手数料が必要
担保の有無 無担保
他社・他行からの借り換え 不可
審査の回答期間 記載なし
 ここに注目!
  • 三井住友銀行の住宅ローンの利用者はフリーローンのほうが有利(店頭基準金利から-3.0%の優遇金利を適用)
  • 団体信用生命保険が付帯(保険料は三井住友銀行負担)  オススメ!

リフォームローン比較:三井住友銀行・画像

ユーザーの口コミ

バツコミ
メガバンクとはいえ、あまりにも金利が高い。これで変動なんて信じられない。住宅ローンをここで借りていますが、リフォームローンはもし借りるとしても他行にすると思います。(女)

みずほ銀行 リフォームローン

このサイトに行く

三井住友銀行と同じく日本3大メガバンクの一つである「みずほ銀行」のリフォームローン。インターネットサービスに力を入れており、インターネットと郵送でリフォームローンの手続きが完了する。
みずほ銀行のリフォームローンの特徴は、選べる金利タイプと独自の金利優遇制度。金利は変動金利、固定金利の二種類から選択でき、固定金利の場合は借入期間(10年以内と10年超)によって金利が変わる。また、環境配慮型やバリアフリーのためのリフォームは店頭基準金利から0.1%の金利優遇を受けられるなど、リフォームの種類による優遇制度がある点も特徴。
借入額の上限は500万円だが、借入期間は6カ月から15年以内と多くのリフォームローンと比較しても長めに設定されているうえ、他行からの借り換えにも対応している。
金利は変動金利・固定金利ともに中堅レベル。みずほ銀行の住宅ローンの利用者や完済者は、同行が扱う「みずほ銀行多目的ローン」のほうが利用価値は高いだろう。店頭金利からの金利優遇を受けられるだけでなく、借入額は最高1,000万円まで対応しており、リフォーム資金であれば通常10年間の借入期間が15年間に延長される。
リフォームローンの事務手数料は無料となっているため、三井住友銀行同様にメガバンクとしての安心感を重視する人や、金利優遇の条件に当てはまる人は検討の余地があるリフォームローンの一つ。

リフォームローン サービス比較

リフォームローン金利
(2017年11月1日現在)
  • 変動金利…3.975%
  • 固定金利…借入期間10年以内:4.250%、借入期間10年超:4.900%
リフォームローンの金利タイプ 変動金利、固定金利
借入可能額 10万円以上500万円以内(1万円単位)
※ 前年度税込年収の50%以内
借入期間 6ヵ月以上15年以内(1ヵ月単位)
リフォームローン手数料 不要 ※印紙代等の諸費用は別途
担保の有無 無担保
他社・他行からの借り換え 可能
審査の回答期間 2日程度
 ここに注目!
  • 来店不要(インターネットと郵送手続きのみで手続きが完了)
  • 環境配慮型またはバリアフリーのためのリフォームは、店頭基準金利から-0.1%金利を優遇(下記特典との併用不可)
  • みずほ銀行の住宅ローンの利用者または完済者は、みずほ銀行多目的ローンのほうが有利(金利優遇あり) オススメ!

リフォームローン比較:みずほ銀行・画像

ユーザーの口コミ

まるコミ
みずほで住宅ローンを完済しました。同じメガバンクとはいえ、三井住友よりも金利やサービスは良いです。完済者用の金利は2014年11月現在3.375%(変動)。固定なら4.250~4.900%。借入額も1,000万円にアップするので、今検討しているリフォームの見積もりによっては相談してみようかと思います。(男・会社員)

オリコ リフォームローン

このサイトに行く

大手信販会社「オリエントコーポレーション(オリコ)」が取り扱うリフォームローン。インターネットからの申込みでは原則として即日審査の結果がわかり、資金の振込みも契約内容確認後2営業日以内と、大手信販会社ならではのスピーディーな対応に定評がある。
オリコのリフォームローンの特徴は、固定金利を採用している点と他行からの借り換えに対応している点。固定金利は、将来の金利変動リスクを避け、返済計画が狂いにくいというメリットがある。一方、変動金利と比較すると金利は高めとなるため、総返済額や現在の資産状況なども考慮しつつ、慎重に判断すると良いだろう。
借入額は10万円から500万円、借入期間は6カ月以上7年以内となっており、小規模・中規模のリフォームを行う場合に向くリフォームローンと言える。
銀行をはじめとする金融機関のリフォームローンと比較すると、金利優遇などのサービス面ではやや見劣りするものの、審査と振込みの対応が早く、リフォーム資金の調達を急いでいる場合は利便性が高い。固定金利のリフォームローンをすぐにでも契約したいという人は比較の候補に加えたいリフォームローン。

リフォームローン サービス比較

リフォームローン金利
(2017年11月1日現在)
4.800%
リフォームローンの金利タイプ 原則固定金利 オススメ!
※金融情勢の変動により利率が変更になる場合あり
借入可能額 10万円~500万円まで
※ 前年度税込年収の50%以内
借入期間 6ヵ月以上7年以内(1ヵ月単位)
リフォームローン手数料 原則不要 ※印紙代等は第1回目の返済額に加算
担保の有無 無担保
他社・他行からの借り換え 可能
審査の回答期間 平日17:30までの申込みは、原則として即日回答
平日17:30以降・土・日、祝日・年末年始は翌営業日
 ここに注目!
  • ボーナス併用返済可能
  • 契約内容確認後、原則2営業日以内に指定金融機関口座に振込み

リフォームローン比較:オリコ・画像

ユーザーの口コミ

口コミは現在募集中です。

※リフォームローン比較は家づくりのルール編集部調べです。
※掲載情報の詳細は、リフォームローンを提供する金融機関等にてご確認ください。内容に変更が生じている場合もありますのでご注意ください。
※リフォームローン比較への口コミは投稿者の意見です。掲載情報はあくまでも参考とし、個人の判断の上でご活用ください。

リフォームローン比較 口コミ投票

「家づくりのルール」では、ユーザーの皆様に対する、より役に立つ情報提供のために、リフォームローンに関する口コミを募集しています。 リフォームの際に役立ったリフォームローン、そのリフォームローンを選んだ理由など、これからリフォームローンを検討している方に役立つ情報をご提供いただければ幸いです。
それぞれのリフォームローンについての口コミは、ユーザー提供情報としてこちらのページで紹介させていただきます。

どのリフォームローンに口コミする? 必須
  • 住信SBIネット銀行
  • イオン銀行
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • オリコ
  • 三菱東京UFJ銀行
  • りそな銀行
  • 横浜銀行
  • 関西アーバン銀行
  • 千葉銀行
  • 東京信用金庫
  • 八千代銀行
  • 武蔵野銀行
  • 筑波銀行
  • 湘南信用金庫
  • その他 
点数 必須
…主にどの項目について評価するかを選択し、点数をつけてください
 評価項目
 点数(5点満点)
口コミ 必須
メールアドレス 必須
年齢  才
性別  男   女 
ご職業  (例:銀行員、専業主婦など)

【注意事項】
・特定の個人・団体等のプライバシーの侵害や誹謗・中傷につながる投稿、虚偽の口コミ、他サイトから流用した口コミ(既に他のサイトに投稿された口コミ)、関係者からのサクラ投稿などは掲載することができません。
・ご投稿いただいた口コミの著作権は「家づくりのルール」に譲渡されるものとします。※掲載に際して、一部編集をさせていただく場合がございますのでご了承ください。

関連特集記事

リフォーム会社の選び方 ~評判の良い業者を見極めるポイント ・画像

リフォーム会社の選び方 ~評判の良い業者を見極めるポイント

…リフォーム会社の選び方を解説。
契約までの流れやポイント、リフォーム会社の評判がチェックできる住宅情報サイトは?

リフォーム費用の相場

…リフォームにかかる費用を解説。
キッチンや外壁・風呂・トイレなどのリフォーム相場は?

リフォーム補助金と減税

…リフォームの補助金と減税を徹底解説。
省エネ、バリアフリー、耐震リフォームなど、国や地方自治体から受けられるリフォーム支援制度は?

関連ニュース

長期優良住宅はリフォームでも実現可能。新制度に注目

長期優良住宅の認定制度がリフォームにも適用。2014年施行予定の「長期優良リフォーム制度」のメリットとは? ..詳しく読む

家づくりのルール > リフォームのポイント > リフォームローン比較

ページトップへ