家づくり!お役立ち情報

家づくりのルール > 家づくり!お役立ち情報 > 建築用語辞典 > 吹き抜け

【建築用語】

吹き抜け(ふきぬけ)

吹き抜け・イメージ画像

複数階の建物において、2層以上にわたって床を設けないスペースのこと。玄関ホールや階段部分に造られることが多いが、近年はリビングなどの吹き抜けも一般的。

吹き抜けのメリットとしては、天井が高くなるため間取りに空間的な広がりができる点、天井窓を設けるなどして通風や採光の役割も果たせる点などが挙げられる。
一方、吹き抜けのデメリットとしては、冷暖房効率が下がる点、階下の臭いや音が伝わりやすい点などが挙げられる。

吹き抜け部分は天井に高さが出るため、通常の照明器具では明るさが不充分となるケースが多い。ダウンライト照明、スポットライト照明、壁面照明、拡散照明(シャンデリアなど)等、直接照明と間接照明を組み合わせた照明プランを練ることが望ましい。

また、高気密・高断熱の家づくりを得意とするハウスメーカーの場合、吹き抜けにより低下する冷暖房効率を補うことが期待できる。工法では在来工法よりもツーバイフォーのほうが気密性・断熱性が高まるが、間取りの自由度が下がるため、吹き抜けを実現できない可能性もある点に注意。
天井部分にシーリングファンを設けると、空気を撹拌し冷暖房効率を高めるのに役立つ。

吹き抜けに関連する特集記事

注文住宅と建売住宅を比較・画像

注文住宅と建売住宅を比較

…家を建てるか家を買うか、それぞれのメリットとデメリットを知って理想の一戸建てを手に入れよう。

家づくりのルール > 家づくり!お役立ち情報 > 建築用語辞典 > 吹き抜け

ページトップへ