家づくり!お役立ち情報

家づくりのルール > 家づくり!お役立ち情報 > 建築用語辞典 > 内部結露

【建築用語】

内部結露(ないぶけつろ)

室内の水蒸気が壁の内部に浸入し、外壁との温度差で結露を生じること。

内部結露・イメージ画像

通常、室内の湿気は壁紙(クロス)などにより防除されることが多く、また少量の内部結露であれば、すぐに乾燥するため、構造材に大きな影響を与えることは少ない。ただし、壁内部の断熱材が欠損することなどにより壁表面の温度が常に低い状態になると、内部結露が常態化し、建物を劣化させる原因となる。

内部結露対策

内部結露の発生を防ぐには、温度の低い側に断熱性の高い材料を使用し、湿度の高い側に透湿抵抗の大きい材料を配置すると良い。また、壁内部に通気層を設け、浸入した湿気(水蒸気)を外部に排出する「壁体内通気工法」なども内部結露対策として有効である。

内部結露に関連する記事

注文住宅と建売住宅を比較・画像

注文住宅と建売住宅を比較

…家を建てるか家を買うか、それぞれのメリットとデメリットを知って理想の一戸建てを手に入れよう。

家づくりのルール > 家づくり!お役立ち情報 > 建築用語辞典 > 内部結露

ページトップへ