家づくり!お役立ち情報

家づくりのルール > 家づくり!お役立ち情報 > 建築用語辞典 > 延べ床面積

【建築用語】

延べ床面積(のべゆかめんせき)

建物の各階の床面積を合計したもの。壁・柱の中心から測る「壁芯基準」によって計算される。

延べ床面積・イメージ画像

原則として、壁などで外部と分けられた建物内部の面積を指し、壁で囲まれていない玄関ポーチや庇(ひさし)などは延べ床面積に含まれない。また、吹き抜け部分のように床のない箇所も延べ床面積には含まれない。
地下室やビルトインガレージは延べ床面積に算入されるものの、「容積率」(延べ床面積の敷地面積における割合)を算出する際は、一定部分を延べ床面積に含まない独自の緩和措置がある。

ビルトインガレージ・イメージ画像

なお、延べ床面積とよく混同される「建築面積」は、建物の1階部分の床面積を指す。延べ床面積とは異なり、玄関ポーチやビルトインガレージも建築面積に含まれる。また、庇(ひさし)など外壁から1m以上突出した部分については、その端から1m後退した線を建築面積とする。延べ床面積と同様、壁芯基準で算出。

延べ床面積に含まれる部分
各階の床面積(壁芯基準で算出)
階段
延べ床面積に含まれない部分
玄関ポーチ
バルコニー先端から2mまでの部分
小屋裏収納
ロフト
容積率算出時の緩和部分
ビルトインガレージ全床面積の1/5までは延べ床面積から除外される
地下室(天井が地盤面からの高さ1m以下にあるもの)全床面積の1/3までは延べ床面積から除外される

家づくりに関連する記事

注文住宅と建売住宅を比較・画像

注文住宅と建売住宅を比較

…家を建てるか家を買うか、それぞれのメリットとデメリットを知って理想の一戸建てを手に入れよう。

家づくりのルール > 家づくり!お役立ち情報 > 建築用語辞典 > 延べ床面積

ページトップへ