家づくり!お役立ち情報

家づくりのルール > 家づくり!お役立ち情報 > 建築用語辞典 > 無垢材

【建築用語】

無垢材(むくざい)

一本の原木から切り出した木材のこと。別名を「正物(しょうもの)」ともいう。

無垢材のメリット・デメリット

無垢材・イメージ画像

無垢材のメリットとしては、木が持つぬくもりや質感を味わえる点、断熱効果、調湿作用などが挙げられる。また、耐久年数も高く、使い込むほどに味わいが出る。汚れた部分を削ることで新品同様に蘇らせることができ、修復も容易。
デメリットとしては、集合材と比較して価格が高い点、使用する無垢材の部位・乾燥状態によって「そり」や「割れ」が起きる点などが挙げられる。
住宅における無垢材は、フローリングや壁、柱・梁などの構造材、造作家具などに使われることが多い。特に、木の質感を肌で感じることができる無垢のフローリングや壁は人気が高い。接着剤の使用量が少ないことから、ホルムアルデヒド等のアレルギーも起きにくいとされる。

無垢材の手入れ(フローリングの場合)

無垢材フローリングの場合、日常的な手入れは掃除機や乾いた雑巾でのから拭き程度(水拭きは避ける)。汚れが目立ってきた場合は、うすめた中性洗剤に浸した雑巾を固く絞って拭き、仕上げにから拭きをする。また、サンドペーパーなどで表面のシミ・汚れ等を削り取る方法もある。サンドペーパーを使うと塗装がはげるため、周囲と同じメーカーのワックスなどを再塗装すると良い。
ワックスがけをする場合は、無垢材に適したワックスを使用する必要がある。無垢材にあらかじめウレタン塗装が施されている場合は、原則としてワックスがけ不要。無垢材に天然油脂(オイル)を塗装している場合は、必ず同じメーカーのワックスを使用する。
なお、オイル塗装や無塗装の無垢フローリングにウレタン塗装用のワックスを使用すると毛羽立ちの原因となる。

ウレタン塗装、天然油脂、無塗装など、無垢材の塗装にはそれぞれ長所・短所があるため、無垢材を使用する場合は塗装についても打ち合わせをしておくと良い。また、再塗装に備え、使用したワックスのメーカーも控えておくのがおすすめ。

東洋産業・画像

東洋産業|フロアコーティング専門店

住宅用ワックス・住居用洗剤の製造メーカー。オンラインショップでは、無垢材・タイル・カーペットなどの素材別や、ツヤ出し・滑り止めなどの用途別にワックス&洗剤を検索可能。家庭用から業務用まで幅広い製品を購入できる。

家づくりに関連する記事

注文住宅と建売住宅を比較・画像

注文住宅と建売住宅を比較

…家を建てるか家を買うか、それぞれのメリットとデメリットを知って理想の一戸建てを手に入れよう。

家づくりのルール > 家づくり!お役立ち情報 > 建築用語辞典 > 無垢材

ページトップへ