家づくり!お役立ち情報

家づくりのルール > 家づくり!お役立ち情報 > 建築用語辞典 > 売建住宅

【建築用語】

売建住宅(うりたてじゅうたく)

売建住宅・イメージ画像

別名「建築条件付き宅地販売」とも呼ばれる住宅の建築方法。
その土地に建物を建てる施工業者があらかじめ指定されており、購入者は指定のハウスメーカーや工務店と契約を結んで建物を建てる。 指定される業者は、売主(もしくはその代理人)であることが一般的で、土地を売ったあと建物を建てることから「売建」と呼ばれる。

売建住宅と建売住宅の違い

土地と完成した建物がセットで販売される「建売住宅」と比較すると、購入後に建物を建てる「売建住宅」は設計プランの面で自由度が高い。また、基礎工事や配管工事といった建物完成後には見ることができない建築現場の見学も可能。

ただし、間仕切りや設備の仕様等については、あらかじめ用意された複数パターンの大枠から選択するため、予算が確定しやすい反面、注文住宅よりも自由度は劣るケースが多い。 また、建築会社の得意・不得意などによりプランが制限される場合もある。

建売住宅の建築主が不動産会社であるのに対し、売建住宅の建築主は土地の購入者となる。

家づくりのルール関連特集

注文住宅と建売住宅を比較・画像

注文住宅と建売住宅を比較

…家を建てるか家を買うか、それぞれのメリットとデメリットを知って理想の一戸建てを手に入れよう。

家づくりのルール > 家づくり!お役立ち情報 > 建築用語辞典 > 売建住宅

ページトップへ