家づくり!お役立ち情報

家づくりのルール > 家づくり!お役立ち情報 > 建築用語辞典 > ワークトップ

【建築用語】

ワークトップ

カウンターや作業台などの天板を指す。主にキッチンの作業台として使われる部分を指すことが多く、カウンタートップとも呼ばれる。

ワークトップ・イメージ画像

キッチンにおいてワークトップは作業時の利便性や使い勝手を左右する重要なポイントであり、オープンキッチンの場合は来客の目につく部分でもある。
ステンレスや人工大理石、天然石、木材(集合材、無垢材)、タイルなどがワークトップの素材として使われるが、それぞれにメリットデメリットが異なるため、特性を理解した上で選択する必要がある。

おもなワークトップ素材の特性

ステンレス
ステンレスワークトップは、耐熱性、耐水性、耐衝撃性に優れる。また、衛生面でも汚れが付着しにくく、雑菌などの繁殖が少なめ。
ただし、傷が付きやすく、大きな傷が付くと目立つ。また、金属特有の光沢と硬質感があり、柔らかさや温かみを強調したいキッチンには向かないことが多い。
人工大理石
人工大理石のキッチンは傷がつきにくく、手入れがしやすい。ポリエステル系とアクリル系に分かれており、価格はポリエステル系のほうが安価だが、耐熱性はアクリル系のほうが優れる。品質により高級感に差が出るため、あまり安価な素材を選ぶと安っぽく見える場合がある。
タイル
タイル製のワークトップは、適度な光沢と肌触りの良さが特徴で、柔らかな雰囲気のキッチンに向く。耐熱性が高くさびや傷にも強い。また、価格も比較的安価で、臭いが付きにくい点もメリット。
ただし、目地の部分は汚れが付着しやすく、こまめな手入れが必要となる。施工に手間がかかるため、工事費も割高。
木材
木材を使用したワークトップは、木の温かみを感じたいキッチンに向く。加工性に優れるため施工も比較的容易。無垢材は湿気などの影響で反りなどが出やすく、集合材を使うほうが一般的。
水をこまめに拭き取り、定期的にメンテナンスするなど、他のワークトップ素材よりも手入れが必要。

家づくりのルール関連特集

キッチンリフォームの費用とポイント・画像

キッチンリフォームの費用とポイント

…キシステムキッチンの選び方。
キッチンの交換やレイアウト変更にかかる費用はどれくらい?

家づくりのルール > 家づくり!お役立ち情報 > 建築用語辞典 > ワークトップ

ページトップへ